calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

archives

仲良し!「のの花」の大将!!

 「のの花」の大将です。蟹料理と言っても宿によって料理の仕方、こだわりはまちまちです。
のの花の大将はちょうど一回り12歳違いの酉年です。気が合うのでいろいろ相談したり教えてもらったりで頼りになる兄貴って感じです。明日も市場で待ってますよ!

今年も買ってます!津居山かに


今年も蟹の季節がやって参りました。さすがに初競りは高い!高値は自分が見ていた分では1箱5ハイで17万円!!お〜〜来た来た!!って感じでした。先ずは、価格が落ち着いてきてからセコ蟹(メス)、蟹刺身用、茹蟹用の小さめサイズをゲットです。去年並みの価格って感じです。また12月になると高くなって胃が痛くなるんだろうな?と思う自分でした。

松葉かに漁解禁、津居山港にて





 昨日、11/6松葉かに漁が解禁となり、津居山港でも午後1時に初競りが行われた。この辺りでは津居山港から水揚げされるため「津居山がに」と言っている。水揚げされる港によってさまざまカラーのタグが蟹の親指に付けられる。ちなみに津居山がには青のタグである。山陰地方はズワイ蟹の漁獲高が日本一ということもあり、冬場はこの蟹を利用したカニ料理が盛んである。当宿も11/6からカニ料理を開始しました。早速、常連のお客様にお越しいただき今年初物の津居山蟹を堪能いただきました。

赤えび、白イカ、安かった!!秋祭り本番!


今日は、市場に行って何か珍しい魚介類が無いか見てこようかと思ったが、来週にすることにしていかなかった。8時前にいつも親しくしている仲買人から携帯に電話があり”白イカ安いけど、いるか〜?””と電話が入ったのでどうしようか迷ったけれど安ければ買っておいてと頼んだ。10時過ぎ仲買人が持ってきたぞーと白イカを持ってきてくれた。鮮度良し、色良しの上物です。値段聞いてびっくり!いつも価格の半額くらいだった。いつもは、1本釣りの漁師が釣ってくるものだが、どうやら今日は底曳き船の網にかかったものらしい。その為、品数が多く安値になったのだ思われる。とにかく安くて嬉しかった。赤海老はといわれたので、「なんぼ?」と言ったらこれまた破格値である。とにかく今日は良かった。早速、調理して冷凍庫へ。鮮度を保つため大急ぎで2人で片付けました。残念ながら写真を撮り忘れた!鮮度の良いイカとエビの写真を見てもらえなくて残念。
今日は、城崎温泉の秋祭り本宮だった。賑やかな祭りではあるが見に行かなかった。城崎温泉街から3キロ離れた当宿がある気比地区も今日が秋祭りの宵宮、明日が本宮である。神輿1台、大だんじり1台、小だんじり、樽神輿2台の計5台が練り歩く。見所は午前中と午後と2回に渡って行われる”競り”である。私も普段なら大だんじりに参加しているが、今年は長男が中学生になったのでその保護者ということで小だんじりに参加します。長男も小だんじり、次男は樽神輿、嫁も樽神輿に参加します。家族総出の祭りになります。明日はたくさん飲むぞ!!実はこれが一番の楽しみ!うっしっし。。。

"アオリイカ""釣れました。


先日、知り合いから防波堤でアオリイカが釣れると聞きました。翌日、次男坊を連れてアオリイカ狙いで釣りに行きました。薄暗くなった6時ごろから行き、1時間経ちましたが何も釣れません。挙句の果て疑似餌が藻に引っかかり取れてしまいました。息子が、寒いから帰ろうよ!と言い出したので「うん、分かった!」私が言ったとたん、息子がまた藻に引っかかったと言いました。直後取れた!と言いよかったな!と言ったら、急に重い、重い、"イカが釣れた”と大きな声で言いました。結構大きなアオリイカが釣れていました。2人は息を吹き返しもっとたくさんのイカを釣ろうとしましたが、結局1パイだけに終わりました。釣れることが分かったので今度は長男坊も連れて3人で行こうと思います。今度は大漁だーと言いたい父でした。

| 1/2PAGES | >>